わっしょいゾーン

20卒就活・大学生活メディア| 雑記ブログ

就活 資格

2017年第6回ビジネスマネジャー検定を受けて[難易度と合格率・勉強法]

投稿日:2018年2月18日 更新日:

第6回ビジネスマネジャー検定に合格しました。

 

先日(とはいえ三ヶ月ほど前になりますが)、ビジネスマネジャー検定を受験してきました。

受験のきっかけはサークルや課外団体でまとめ役をすることが多く、少し分野は違いますがこの検定で学んだスキルが活かせるかなと思い受験することにしました。

資格や検定は早いうちが比較的受かりやすいと言われています。

まだ次回で7回目のこの検定は今のうちにとっとくが吉ですよ!

ビジネスマネジャー検定とは

ビジネスマネジャー検定ホームページより

いわゆる管理職と呼ばれる、マネージャー(課長や係長、チームリーダー等も)の心得やマネジメントのための検定です。

業務や組織などシチュエーションに合わせたマネジメント方法を学びます。

自分に関するマネジメントや部下に対するマネジメント、また”談合の現場にいあわせた際にはどうすべきか”なんていうのもあったりして、なかなか面白いです。

談合とは…
公共事業などの競争入札において、競争するはずの業者どうしが、あらかじめ話し合って協定すること。高い価格での落札や持ち回りでの落札で、業界全体で利益を不正に分け合う。公正な価格競争を害し、発注元の国・地方公共団体の支出を増すことになり、刑法で禁じられる。コトバンクより

ちなみにこの場合には、「退席する旨を伝え、しっかり記録に残し上司等に報告する」のが正しいようです。

 

スポンサーリンク

試験の感想・難易度と合格率

ぼくの試験会場は近くの商工会議所でした。

昼前に友人と合流して試験会場に向かいます。

じつは試験の申し込みをしてから2ヶ月以上も時間があったにもかかわらず、忙しさにかまけてあまり試験対策がはかどっていませんでした。

当日もあまり自信がなくて、

「もしだめだったらしっかり対策をして2回目うけたらいいや」

そんな気持ちでいました。いま思い返せば“後回し癖”がついてたな、と反省するところです。たぶん二回目受けるときも勉強してなかっただろうなぁ…(汗)


会場のイメージ/貸会議室のご案内 | 北大阪商工会議所

会場につくと机に受験番号が貼られていて、自分の番号の席に座ります。

説明をうけて試験開始です。試験後半になると解き終わった人から手を挙げて、監督員に解答用紙を提出すれば退出可能なシステムでした。

過去問をひと通り解いてみて、文中に引かれている下線部のキーワードの周辺をおさえておけばその他の部分は読み飛ばしても解答できると知っていたので効率よく回答することができました。

そのおかげか見直しをしたあと、終了時間より10分ほど早く解答を終えることができたので早めに退出しました。

一緒に受験していた友人(かなり勤勉←)とすぐに答え合わせをし、解答がほぼほぼ一緒だったので安心した覚えがあります。

受験者はぼくら以外に学生は見あたらず、30代から40代の受験者が1番多かったように感じました。

試験後、1ヶ月半ほどで合否の通知が届ききます。

多分大丈夫じゃないかなとは思っていたのですが、一抹の不安は拭いきれずドキドキしながら合否結果待ちました。

合格者には合格証明のカードが同封されます。

そのことを知っていたので、ポストに入っていた合否通知の封筒から堅い感触がした瞬間ガッツポーズでした!

 

第6回試験後の難易度は、以前に比べ簡単になったと感じました。

毎年、冬の試験は夏の試験にくらべて合格率が低い傾向にあり、このことを申し込み後に知ったので「夏にしておけばよかった」と思ったのですが結果オーライ。

今回の合格率は68.9%でした。この数字を見ても今回の試験はだいぶやさしかったのかなと思います。

また今回の問題は公式テキストに載ってない分野が多く、AIの問題なども出題されました。こればっかりは日頃からニュース等に目を配っておくくらいしか対策がないです。

他は基本的に常識的な問題が多く、あまり試験対策をしていなくても点数が取りやすい印象をうけました。

今回の問題数は33問でした。120分間で33問なので一問あたり4分弱で回答しなければいけません。

問題文も長いものばかりだったので、

・普段からスピードを意識して問題を解く。
・下線部の近くを重点的に読む。

この2つのポイントが大事です。

スポンサーリンク

今回行った勉強法

ぼくは一ヶ月前から勉強を開始しました。

おおまかな勉強スケジュールはこんな感じで、1週間ごとに到達目標を決めて計画しました。

1週目:公式テキストを雑に読む。

内容を理解することだけ意識して読みました。

おそらく何回か読むことになるので、二回目以降にもうすでに理解しているところを読んでも時間の無駄だと思って

“自分の分かってるところ・分からないところを明確化する”ために雑に読みました。

意外と分量が多いので時間がかかります。分からないところを見つけるのが目的なので、とりあえず分からないところに↓このように印をつけてすぐ次にいきます。理解するのは後回しです。

ぼくは一気にガッとやってしまうタイプなので2日で読みましたが、「毎日50ページずつ」などノルマを決めてもいいかもしれません。

2週目:いきなり問題(過去問)を解いてみる。

 

理解している部分のうでだめしをします。それと同時に、問題を解きながら

“理解してると思っていたけど、問題を解いてみると間違う部分”

をしっかりと区別します。

ぼくの場合、テキストを読んだときには

葉太
ほ〜ん、簡単だな。理解した!次!

と思っていたのですが、実際に問題を解いてみると全く歯がたたなかった部分が多々ありました。

これは分かっていた気になっていただだけで、まだ勉強しないといけない意外な落とし穴②です。

しかしこの②の部分は問題慣れしていなかったり、大事なところの見落としがあっただけで、理解が追いついている分少ない時間で解けるようになります。

なので先に手をつけるべきは②>③です!

このような点を気をつけて問題を解きました。

3週目:苦手かつ頻出分野の底上げ

過去問を何年か分見てみると、高い確率で出題される分野があります。

かつ、先ほどの図で③に分類された分野は早めに対策しておきたいところです。

4週目:問題を解く→テキストになぜ間違ったかメモ

ぼくはノートがかさばるのが嫌だったので、間違えたポイントやメモ、調べたことなどすべてテキストに書き込んでいました。

テキストをみて復習する際も、目に入ってきてなぜ間違ったのか一目瞭然です。

これはやって正解だったなぁと思いました!

 

それと、これは抵抗がある人が多いかもしれませんが・・・

ぼくはもう完璧だなと思った分野(①の部分)のページは破って捨ててました(笑)

テキストが軽くなりますし、復習する際も余計な情報が入ってこないというメリットも。

デメリットは、友人にテキストを譲る際に困るとかですかね。

試験結果・私の点数

100点満点中、合格点は70点。今回の設問は10問で、問題数は33問。

私は71点でギリギリの合格でした。

特に点数の高かった設問は「設問5・設問6・設問8」でこれらは満点でした。

反対に点数が低かったのは「設問3・設問4」でした。

各設問の平均得点率を見ると、特に低かったものが設問9で58パーセント。

次に低かったのが設問3設問4でどちらも63パーセント程度でした。

自分も設問3・設問4は得点率が低かったのでやはり難しかったようです。
 

今回、全体の受験者平均点が73.8点で例年の平均点と比べてもだいぶ高かったです。

勝手な憶測ですが次回は難しくなるかもしれませんね…今回が簡単だったので。

問題が難しいときに大事なのは、基礎的な問題を確実に得点することなので、テキストで頻出の分野はしっかりおさえておくのが得策です。

 

まとめ

合格できて本当によかったのですが、この勉強を通じて得た知識を生かすのが何よりも大切だと思うのでしっかり活かせるよう、復習もしていきたいですね。

これからチームで何かに向かって頑張るとき、常にアンテナを張りながらマネジメントしていけたらなと思います。頑張ります。

 

  • この記事を書いた人
わっしょい

わっしょい

メモ魔な大学生。自分の強み・個性を伸ばす。人として厚みのある男になりたい。趣味やライフハック、雑記を主に書きますわっしょい。人間味あふれるブログを心がけます。 →詳しいプロフィールはこちら

まず読んでほしい!人気記事

1

ぼくがブログを読み始めたのは高校生の時です。 受験のまっただ中で将来について悩んでいた時期。 どの大学に進むのがいいのかずっと決まらず、考えあぐねていました。 当時偶然にも見つけたのが、現在インバウン ...

2

最上志向 収集心 着想 個別化 内省  これが僕の強みであり、長所であるらしい。 自分はなにが向いていて、なにが得意なのか。 自分の中ではっきりしてなかったモヤモヤが一気に晴れた気がしました。頑張れる ...

3

ドリップコーヒーを自分でやってみようと思って、道具を揃えた! でも肝心の”いれ方”を知らなかった… そんな方へ美味しいコーヒーのいれ方詳しく教えます。 9つの簡単なコツを押さえれば、ワンランク上の味に ...

-就活, 資格
-,

Copyright© わっしょいゾーン , 2018 All Rights Reserved.